松居直美、更年期が落ち着き準備しておいてよかったことを明かす

松居直美、更年期が落ち着き準備しておいてよかったことを明かす

※松居直美オフィシャルブログより

タレントの松居直美が21日、自身のアメブロで更年期に向けての準備を振り返った。

松居は17日に投稿した記事で、「最近の私の更年期は、以前に比べてとても落ち着いた様に思います」とつづり、過去の日記から更年期との付き合いを振り返っている。

この日の記事では、「今から考えると、更年期の準備になっていたなと思うものの中に、歯の治療があります」と明かした松居。もともと歯医者は苦手だったが、やっと通える歯医者が見つかり、時間をかけて治療をしていたという。

その後で更年期になり「歯ぁ治しといてよかった」と思ったという。その理由について「歯を磨くのも億劫だと思ってしまう時があったから」と説明した。「今日は定期検診に行って来ました」とあることから、今では定期的に足を運んでいるようだ。

この投稿に「更年期で歯も磨くのが億劫な感じ、よくわかります」「芸能人は、歯が命?ですもんね」「私も更年期に向けて年明けから歯医者に通います!」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】
・更年期の準備(松居直美オフィシャルブログ)
・松居直美、賀集利樹から教わった“アギト”変身ポーズ公開「一も二もなく、お願いしました」
・松居直美 更年期への向き合い方つづる「責めるよりは、自分を褒めていきたい」
・松居直美が作る「卵の黄身の醤油漬け」が美味しい
・松居直美、息子へのドッキリのため40分間ベッドの下に隠れる「少し首がおかしくなりました」