迫真の殺陣シーンから火を吹く小栗旬まで「ミツバ篇」名シーン満載の映像解禁 

迫真の殺陣シーンから火を吹く小栗旬まで「ミツバ篇」名シーン満載の映像解禁 

?空知英秋/集英社 ?2017映画「銀魂」製作委員会 ?2017 dTV

映像配信サービス「dTV」にて、7月15日(土)より独占配信されるオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』の予告映像とメインビジュアルが解禁された。

累計発行部数5,100万部以上、2004年から今も週刊少年ジャンプで連載され、老若男女に愛され続ける天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)を福田雄一監督(勇者ヨシヒコシリーズ等)が実写化した映画『銀魂』。映画と同じキャスト・スタッフによって構成されたdTVオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』は、映画の公開翌日7月15日(土)より作品数・会員数NO.1※1の映像配信サービス「dTV?※2」で独占配信される。
※1 国内の定額制・見放題作品において。2016年6月時点インプレス総合研究所調べ
※2「dTV」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

原作でも高い人気を誇るエピソードである「ミツバ篇」は、江戸の治安を預かる真選組隊士沖田(吉沢亮)の自慢の姉ミツバ(北乃きい)が、結婚を報告するために上京するが、その結婚の陰には、ある陰謀が隠されていてーーといった原作の内容をドラマでは忠実に再現している。

今回、公開するミツバ篇の本予告映像には、鬼の副長・土方(柳楽優弥)とドS隊長・沖田の、道場での白熱の稽古シーンや、ドラマでしか見ることのできない真選組による迫力ある殺陣シーンが満載。さらに口から火を吹きだす銀時(小栗旬)から、沖田必殺のバズーカを放つ名シーンまで、銀魂らしい魅力が詰まったコミカルなシーンも必見だ。

また、本作の主題歌を担当するのは、劇場版実写映画『銀魂』同様に人気ロックバンドUVERworld。銀魂の世界観を忠実に再現するため、劇場版実写映画『銀魂』の為に書き下ろされた新曲「DECIDED」をドラマでも採用。ヴォーカルTAKUYA∞が劇場版へ「銀魂の世界を盛り上げる起爆剤を提供できればという思いで作りました」とコメントを寄せているように、ドラマでも、大切な人への想いを胸に秘めて戦う真選組の物語を、より一層盛り上げるだろう。

ー小栗旬コメントー
この作品の見どころは土方君(柳楽優弥)の勇姿ですかね。
また、撮影現場では沖田君(吉沢亮)との撮影は楽しかったです。
dTV会員の皆様、かっこいい真選組をお楽しみください。

ー福田雄一監督コメントー
ミツバ篇は劇場版と違い、真選組がメインに据えられたお話で、土方人気が一気に確立したお話と聞いています。 おかげで真選組の面々、勘九郎さん、柳楽くん、吉沢くんがとても魅力的に描かれています。
熱い友情がダイレクトに伝わるストーリーに3人の演技が見事に噛み合って、ぶっちゃけ、傑作の出来です。 見所は劇場版とは全くテイストの違うアクション。いわゆるアクロバティックなものではなく、男臭い斬り合いがメインになっています。 この撮影は、まだ劇場版を撮っている最中に平行してやっていたので、体力的に死ぬほど追い込まれたのを覚えてます。 前の日に劇場版を撮って、次の日朝からミツバ篇を撮り始めて、夜の11時まで東京ロケ、そこから栃木に移動して、朝の5時まで撮影。その後、また東京に戻り10時から劇場版の撮影って時はさすがに疲れました。 ただ、役者さんの熱が凄かったので、楽しく乗り切れました。

dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」は、7月15日(土)0:00より全3話一挙配信予定。