モト冬樹 安室奈美恵、“笑わなかった”スーパーモンキーズ時代のエピソード回想

モト冬樹 安室奈美恵、“笑わなかった”スーパーモンキーズ時代のエピソード回想

※モト冬樹オフィシャルブログより

タレントのモト冬樹が自身のブログで、今月20日に来年の引退を発表した歌手の安室奈美恵についてコメントしている。

 安室の引退に驚いたとつづったモト。続けて安室との出会いを語った。

「安室ちゃんとは
彼女が
デビューしたころ
夜もヒッパレという番組で
ずっと一緒に仕事をしていた
10代の頃に
スーパーモンキーズで
でてきたんだけど
みんな可愛かったな」

と振り返る。SUPER MONKEY'Sとは、1991年、安室が中学2年生の時にアクターズ内で結成されたダンスグループ。安室は翌1992年より芸能活動を開始している。

「大勢で踊っていても
なぜか
安室ちゃんだけに
目がいっていまう
最初から
花があったってことだね
それに
アーティスト意識が
半端なかった」
「おい、笑顔作れよ
と言ったら
だって可笑しくないもん
と言われた
なるほど
この娘は
タレントではなく
アーティストの意識なんだなと痛感した」

と、安室とのエピソードを公開。今回の引退も、安室ならではのアーティストとしての美学が影響しているのではないかとつづった。

 ファンからは、

「本当にかっこよく踊るスーパーモンキーズ好きだったので安室さんの引退はショックです」
「本当に大スターがまた一人、引退ですね。」
「残念で淋しいですね?引退は…」

といった寂しがる声が多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)