山田裕貴 バッドボーイズ佐田の自伝映画『デメキン』出演、予告編にファン興奮「かっこいい!」

山田裕貴 バッドボーイズ佐田の自伝映画『デメキン』出演、予告編にファン興奮「かっこいい!」

※山田裕貴オフィシャルブログのスクリーンショットです

俳優の山田裕貴が自身のInstagramとブログで、出演する映画『デメキン』の予告動画を公開している。

『デメキン』は、お笑いコンビ・バッドボーイズの佐田正樹の自伝小説を原作とする映画。いじめられっ子だった佐田が、暴走族総長まで上り詰める様子を描いた青春グラフィティ作品で、12月2日全国ロードショー。俳優の健太郎が主演。山田は正樹に匹敵する問題児・合屋厚成役で、予告編では、山田演じる厚成が、「またチーム作らん?」と正樹(健太郎)に問いかけるシーンから始まり、喧嘩シーンやバイクシーンなどもみることができる。

山田は、

「バッドボーイズ佐田さんの生きた証を僕たちも生きさせてもらって
本当に熱い時間だった
今まで演じた役の中で
仲間に対して一番熱い男を
生きたかもしれない。」

と投稿し、動画を公開。ファンからは、

「かっこいい!絶対みる」
「久しぶりにこんなに特攻服似合いそうな人たちを見たよ!」
「デメキン楽しみすぎます 12月が待ち遠しいです」

といった期待の声が寄せられている。

 バッドボーイズは1996年に結成。お笑いコンビとしての活動のほか、情報番組『PON!』(日本テレビ)やバラエティ番組『AKBINGO!』(日本テレビ)にも出演するなど幅広く活躍中。佐田の自伝小説『デメキン』は、ヤングチャンピオンにて漫画化され、コミックは累計発行部数170万部を突破した人気作。

関連記事(外部サイト)