大島康徳 7回目の抗がん剤治療で点滴開始「リラックス」報告

大島康徳 7回目の抗がん剤治療で点滴開始「リラックス」報告

※大島康徳オフィシャルブログより

元プロ野球選手で、監督や解説者として活躍する大島康徳(66)が、自身のブログで近況を報告した。

野球選手引退後は、監督・コーチまた解説者として活躍してきたが、今年の2月に自身のブログで、ステージ4の大腸がんの手術を受けていることと、がんが肝臓にまで転移していることを発表している。

22日からは7回目の抗がん剤治療が始まっているが、前日は

「嫌だな…。
正直言うと、やっぱりね…
嫌だ。」
「治療も重ねてくると
自分なりに色々と知識を得たり
考える事も増えたりするから、
それ故の気の重さもあるのかな?」
「でも、そんな状態で点滴を受ける
のは良くないと思うから、点滴前の
診察でちゃんと先生とお話して
スッキリの状態を作ってから、
点滴をしてもらおうと思います。

治療前夜って…
気が重くなるよね?
きっと皆、そうだよね?」

などと心境を吐露しつつも、

「点滴後一週間
ゆっくり体を休めたら
仕事が待っています。

それを励みに
前向きな気持ちで治療を受けよう
と思います。」

とコメント。翌日の投稿では、点滴を受けている姿を公開しながら、

「待ってる間に寝ちゃうくらい
リラックスしてま?す。

大丈夫だぁ。」

と大丈夫であることを報告し、

「夕べのブログ…
心配かけて、ごめんね。」

と読者に謝った。コメント欄には、

「点滴前の弱音。
溜め込まずに 吐き出して下さい。
誰だって 不安になると思います。」
「前向きな大島さんだけでなく、不安な気持ちも書いて吐き出してください。
書いて少しでもすっきりして欲しいので。
毎日拝読しながら大島さんご夫妻に気持ちのエールを送ることしか出来ませんが、応援しています。」

など、応援の声が多数寄せられている。

大島は別日のブログで妻の病気についても綴っており、

「32歳で子宮癌になり
子宮全摘と卵巣一つ摘出の手術を
受けました。
その後順調に来ていたのですが…
何年か前に残った卵巣に嚢腫が
見つかり、定期的に検診を受けて
います。」

と報告している。

関連記事(外部サイト)