小柳ルミ子 CL初戦で大勝のバルセロナに大興奮「完璧な試合」

小柳ルミ子 CL初戦で大勝のバルセロナに大興奮「完璧な試合」

※小柳ルミ子オフィシャルブログより

欧州最強のクラブを決めるサッカーのチャンピオンズリーグ(CL)が、現地時間の9月13日に開幕し、バルセロナがセルティックに7対0で圧勝。バルセロナファンの歌手・小柳ルミ子(64)が、大勝の興奮をブログにつづっている。

歌手・女優として活躍する小柳は、知る人ぞ知るサッカーファン。ブログの更新頻度はさほど高くない小柳だが、ブログの話題はサッカーのことばかりで、3月にはサッカー日本代表戦を、6月にはアメリカまで足を運びコパアメリカファイナルを、さらに9月1日にはワールドカップアジア最終予選を観戦したことがつづられている。

そんな小柳が熱愛するのがバルセロナと、チームの主力・メッシだが、14日に行われたセルティックとの試合は、彼女にとって最高の試合となったようだ。試合は、メッシがハットトリックを記録し、なおかつネイマール、スアレス、イニエスタもゴールを決めて7対0で大勝したため、小柳は、

「いゃー、愛するバルサ、完璧な試合だった」
「『サッカーってゴールするのがこんなに簡単なのかしら』と勘違いする程だった」
「いゃーバルサ最高\(☆o☆)/メッシ最高\(☆o☆)」

と、大興奮。しかし目の肥えた彼女は、

「内容が実に素晴らしかっ!!パスもサイドチェンジも崩しもタイミングもスピードも連携も連動もコミュニケーションも攻守の切り換えも…どれを取っても完璧だった」
「メッシの集中力は凄かった!!最後迄切れなかった!!」
「ネイマールもブラジル代表キャプテンの重圧を経験し大人になったキラキラ以前は直ぐにキレてカリカリしてたけど、自分の心をコントロール出来る様になった」

と、冷静に試合内容を振り返るとともに、敗れたセルティックに対しても、

「セルティックの選手達が、負けてても、腐らず、ダラダラせず、愚痴らず、真っ直ぐで清々しいプレイをしてくれたから、荒れずに美しい試合になったキラキラ好感の持てるチームだったよ」

と、つづっている。

関連記事(外部サイト)