北別府学氏、後遺症で痛くて大変だったこと「皮膚全体が触られるだけで」

北別府学氏、後遺症で痛くて大変だったこと「皮膚全体が触られるだけで」

北別府学氏、後遺症で痛くて大変だったこと「皮膚全体が触られるだけで」

野球解説者の北別府学氏が7日に自身のアメブロを更新。後遺症で痛くて大変だったことを明かした。

この日、北別府氏は妻の広美さんについて「自分の介護の仕方をなかなかのもんだわねと自慢する」といい「果たして」とお茶目にコメント。自身について「GVHD(移植の後遺症)で皮膚全体が触られるだけで少し前まで痛かった」と告白し「着替えも大変」と明かした。

続けて「痛い痛いと言うものですから 家内がやってしまった私の下着」と自身の下着の写真を公開し「ハサミで切られちゃった」と説明。「衣類も伸びる素材を工夫してくれていた」と述べるも「数枚、家内の犠牲にはなりました」と明かした。

一方で「少しずつ痛みも和らいで肌全体に広がっていたあざも消えてきましたよ」と現状を報告。「今日の昼は軽めにしかし豪華に」「ご飯バーガーは家内の友人から」と昼食の写真を公開しつつ「冷凍庫、当分楽しみがあります」と冷凍庫に入った商品の写真とともに嬉しそうにつづり、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)