紺野あさ美、娘の吐き戻しが落ち着き安堵「気にしすぎだったのかも」

紺野あさ美、娘の吐き戻しが落ち着き安堵「気にしすぎだったのかも」

※紺野あさ美オフィシャルブログより

フリーアナウンサーの紺野あさ美が26日に自身のアメブロを更新。2017年9月15日に誕生した娘の吐き戻しが落ち着いてきたことを報告した。

紺野は娘の吐き戻しについて「産後すぐから生後1ヶ月、2ヶ月くらいまで酷かったかな」とコメント。毎回のように吐き戻ししている時期もあったといい、「ゲップ出しが上手くできないのが良くないんじゃないかと必死に頑張ったりしていました」と明かした。

しかし、3ヶ月になった頃から徐々に落ち着いてきたといい「最初の頃は妙に気にしすぎだったのかもですね」「先輩ママさんが言っていた通り自然と落ち着いてきてよかった」とほっとした様子をみせた。

ただ、頻度が減ったとはいえ時々は吐き戻しをするといい、この日も「おろしたての可愛い洋服も吐き戻しによりお洗濯へ」と写真を公開。「ヒザの上で抱っこしてくれてたパパの服ももれなく道連れ」と、北海道日本ハムファイターズ所属の夫・杉浦稔大投手も巻き添えになったことをつづった。

関連記事(外部サイト)