小林麻耶 麻央の病気告知前の共演を振り返る「またいつの日か」

小林麻耶 麻央の病気告知前の共演を振り返る「またいつの日か」

※小林麻耶オフィシャルブログより

フリーアナウンサーの小林麻耶(37)がブログで、6月に乳がんを患っていることを公表した、妹の小林麻央(34)がまだ病気を告知されていなかったときのことを振り返った。

振り返るきっかけとなったのは、写真の整理をしていて発見したという3年半ぶりの姉妹共演が取り上げられたスポーツ新聞の記事。実は、この記事が発行された2014年10月17日の4日後に麻央は病気の告知を受けたそう。

小林は、

「妹がいると安心感があって
仕事現場でも家にいるような
リラックス感があったのを
思い出しました。
写真を見ると、
私、相当楽しそう!!」

と振り返り、

「どんなに怖くても...
辛くても苦しくても...
1秒でも笑顔になれる瞬間を選べる
自分でありたいです。
笑えるって、強いと思うから。
また、いつの日か共演したいな」

とコメント。

ファンからも

「共演してください!出来る日が来る!」
「姉妹共演、また実現するって信じてます。」
「必ずお二人の共演実現します。絶対大丈夫!!」

と励ましの声が相次いだ。

関連記事(外部サイト)