元ミス・インターナショナル代表・白田久子 美しすぎる陣痛時写真を公開

元ミス・インターナショナル代表・白田久子 美しすぎる陣痛時写真を公開

※白田久子オフィシャルブログより

元ミス・インターナショナル日本代表でモデル、女優の白田久子が、第二子出産の様子を自身のブログで報告。ベッド上の写真を公開している。

白田は2007年度のミス・インターナショナル日本代表に選ばれ、映画、CMなどにて活躍。プライベートでは2015年に結婚して、2016年に第一子(男の子)が生まれているが、今回の第二子は女の子だったそうだ。

9月20日、前日に第二子が生まれたことを報告し、

「妹と仲良くしてね〜
年子育児の事など、ブログで綴っていきますね!」

「これからは家族4人、幸せな時間を過ごしていきたいと思います」

と、報告した白田だが、22日には「第2子お産について…」というタイトルのブログ記事を公開。2年連続でのお産となった白田だが、その経過は極めて順調なものだったようだ。第一子のお産の際には、無痛分娩を選んだため、陣痛を経験しなかった白田は、「今回は?!少し陣痛を経験して麻酔を入れてもらおうと自分の中で変な決め事」をしていたものの、実際には、

「そしたら結構子宮口が開いてきてしまい、
急いで麻酔をして
そしたらすぐ頭が下がってきて
そのままポンと出産でした」

と、あれよあれよという間に出産は終わってしまったのだそう。白田は、

「2人目はお産が楽だと聞きましたが、
出産の時間が1人目より短かかった」

と、書いており、それほど辛いものではなかったようだ。

ブログでは、ベッドに横たわる彼女の画像も披露されているが、「もうこの時6分間隔程の陣痛がスタートしていました」というコメントが添えられた画像でもVサインをしており、余裕の表情。出産というと、苦痛に顔を歪める女性も少なくないが、無痛分娩を選んだため、普段と変わらぬ美貌を保ったままお産を終えることができたようだ。

関連記事(外部サイト)