東尾理子 30年振りに冬の北海道、滑りたくてウズウズも「妊婦は我慢」

東尾理子 30年振りに冬の北海道、滑りたくてウズウズも「妊婦は我慢」

※東尾理子オフィシャルブログより

タレントの東尾理子が、22日のアメブロにて30年ぶりに北海道のルスツリゾートを訪れたことを明かしている。

 11月7日、第三子を妊娠したことを公表している東尾。「私は30年振りの冬の北海道 小学生の時、冬休みと春休みにずっとニセコにスキーに来てた以来 だから滑りたくて滑りたくて、うずうずしてるけど、、、 妊婦は我慢します」と、自分は滑りたい気持ちを我慢しているといいながら、先生とスキーを満喫する息子の写真を公開した。

 続く23日のブログでは、「犬ぞり」や「スノーラフティング」、「スノー乗馬」といったアクティビティを楽しむ子供達の様子を多数紹介。スノーラフティングでは、楽しそうにはしゃぐ子供たちの様子が写真から伝わってくるほか、スノー乗馬では、雪が積もる洞爺湖の周りを散歩したとのこと。乗馬に関しては妊婦の理子でも乗ることができたようだ。

 5歳の長男はスキーにノリノリ。1歳の長女については、東尾いわく「あと2年後くらいかな…娘がスキーに挑戦出来る様になるのは」とのこと。今回理子らが訪れたウェスティンルスツリゾートでは、子供向けの館内施設やレストランなども充実しており、夏はゴルフも楽しめるようだ。

【関連記事】
・「北海道でスキー」(東尾理子オフィシャルブログ)
・保田圭が臨月に いつ産まれてもおかしくない状況で安産のため窓拭きへ
・佐々木健介 プロレスラー時代、アントニオ猪木からもらった3枚の色紙を公開「宝物」
・あびる優 そっくり美人母娘でランチ、「素すぎる」ショットに称賛の声
・ミス・モンゴル 陣痛促進のため、オリジナルスクワットに取り組んでいることを報告