亀田大毅 吉田沙保里選手との対決振り返る「強かった…」

亀田大毅 吉田沙保里選手との対決振り返る「強かった…」

※亀田大毅オフィシャルブログより

プロボクシング元2階級王者の亀田大毅(28)が自身のブログで、22日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)にて、“霊長類最強女子”と呼ばれるレスリング選手・吉田沙保里(34)と異種格闘技戦を行った感想をつづった。

この企画では、「亀田兄弟が吉田沙保里の背後に回れたら100万円」と銘打ち、プロボクシング元3階級王者の亀田興毅(30)と元2階級王者の大毅がレスリングで吉田選手と対決。試合は吉田の勝利で終わったが、大毅は、

「初めてのレスリングで、対戦できた方が吉田沙保里さんって凄くないっすか!
ボクシングでゆうところの、マイクタイソン、メイウェザー、マニーパッキャオ、みたいなもんですからねぇ
本当に幸せでした。そして強かった…
でも凄く疲れたけど最高に楽しかったです。
幸せな時間をありがとうございました?」

と興奮冷めやらぬ様子で吉田選手との対戦を振り返った。

吉田選手も自身のTwitterで亀田兄弟との対決について、

「亀田兄弟とレスリング対決
とても、良い経験になりました!!
それにしても、腕がパンパン
世界チャンピオンは強かったぁー」

とコメント。ファンからは、

「両者流石でした」
「凄かったですね!」
「イイ対決でした」

など、両者をねぎらう声や称賛する声が寄せられていた。

関連記事(外部サイト)