土屋太鳳、タキシード姿で片寄涼太&千葉雄大らイケメンたちと対決

土屋太鳳、タキシード姿で片寄涼太&千葉雄大らイケメンたちと対決

(C)2017「兄こま」製作委員会 (C)夜神里奈/小学館

5月24日(水)、都内で映画『兄に愛されすぎて困ってます』の完成披露試写会が開催され、土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮が登壇した。

小学館「Sho?Comi」にて絶賛連載中の大人気少女まんが『兄に愛されすぎて困ってます』を実写映画化した本作は、非モテ女子の主人公・橘せとか(土屋太鳳)が突然訪れたモテ期に奮闘しながら、本物の恋を見つけていくラブストーリー。

?片寄涼太、千葉雄大、草川拓弥、杉野遥亮という今最も旬なイケメンたちの登場に割れんばかりの歓声があがる中、ヒロインを務める土屋太鳳もタキシードを着用したイケメン仕様で登場。土屋は、なぜタキシードなのかを問われると、「これから皆さんにはせとかを見るのではなくて、せとかとして兄こまの世界を生きて、お兄たちの愛を感じていただきたいと思います。つきましては、私も兄系イケメンズを目指して、皆さんに愛を届けたく、この姿を選びました。どうかせとかのことをよろしくお願いいたします。」と観客に自身が演じたヒロイン・橘せとかのポジションをバトンタッチすることを宣言。

せとかの兄を演じた片寄は土屋の言葉を受けて、多くの女性の”おにぃ”になることに「全国にせとかが広がることを祈っています」とコメント。一方、セレブ系イケメン・高嶺を演じた千葉はみんなの”高嶺”になることに「こんなに可愛い人ばかり集まってどうしましょう……冗談だよ!!」と役と同様、ドSっぷりを発揮した。

イベントでは、『さすが、兄系イケメンズ。必死にせとかを口説き落とせ!胸キュンセリフ選手権』と題したランダムに選ばれた観客との胸キュンゲームを実施。間近でイケメンたちからの胸キュンセリフを受けた観客は赤面し、「ドキドキしました」と大満足の様子。

ラストの土屋もイケメンズたちに負けないよう、イケメンボイスで「お前のこと、本気で好きになっていいか?」と決めきり、会場からも大きな歓声と拍手があがった。千葉も「高嶺のセリフだったんですけどね、合格です!」と土屋のイケメンっぷりに太鼓判を押し、イベントは大盛り上がりのうちに終了した。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は6月30日(金)全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)