有村架純 傷だらけの脚を公開「私の足が汚すぎますわ」

有村架純 傷だらけの脚を公開「私の足が汚すぎますわ」

※有村架純Instagramのスクリーンショットです

女優の有村架純(23)が、傷だらけの脚の写真をInstagramで公開し読者から反響を呼んでいる。有村は膝に絆創膏を貼り、ところどころあざだらけになった生足の写真を掲載し、

「毎日サバイバルです。
私の足が汚すぎますわ 笑
当時の侍女さんは本当に強いですね。
そんな初芽もあと少しかぁ、、
よーし。」

とコメントしている。有村は現在、2017年に公開される映画『関ヶ原』の撮影中であり、石田三成に仕える侍女で、伊賀の忍びの初芽役を演じているそう。傷だらけになった脚から、撮影の過酷さが想像できる。

これを受けて読者からは、

「綺麗なお足が お仕事おわったら慎重に治してくださいね!」
「こんなに努力家なかすみちゃん本当にすごいです。でも無理しすぎないように身体お大事にしてください!」
「痛々しそう?。架純ちゃんの女優魂をすごく感じる!!無茶しすぎないよ?にね?」

と心配の声と共に、熱心に役に向かう有村に対して感動するメッセージが届いている。

同映画は、作家の司馬遼太郎氏による累計発行部数580万部を超えるベストセラー『関ヶ原』を実写化した作品。映画『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日』などで知られる原田眞人氏が監督を務め、主演の石田三成役は俳優の岡田准一(35)が演じる。

関連記事(外部サイト)