平野ノラがカーリング韓国代表の“メガネ先輩”に「激似です!」「面白すぎます!!」と絶賛の声

平野ノラがカーリング韓国代表の“メガネ先輩”に「激似です!」「面白すぎます!!」と絶賛の声

※富澤たけしオフィシャルブログより

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしが24日に自身のアメブロを更新、「メガネ先輩」のモノマネをする平野ノラの写真を公開した。

「メガネ先輩」とは、平昌五輪女子カーリングで銀メダルを獲得した、韓国代表主将のキム・ウンジョン選手のこと。大きなフレームのメガネ姿が印象的であることから「メガネ先輩」という愛称で親しまれているが、メガネを外した際の素顔も可愛すぎる、として韓国国内ではアイドル級の人気を誇っているという。

富澤はこの日、「メガネ先輩こと韓国カーリング女子チーム主将のキム・ウンジョン選手がライブ先にいました!」というコメントと共に、平野ノラが「メガネ先輩」さながらの大きなメガネをかけて、カーリング風のポーズをとっている写真を公開。目力の強さなど、共通点もある。

ファンからも、「うわっ!ホント似てますねー!」「激似です!」「持ちネタ増えましたね?」「面白すぎます!!」「お茶吹きました。」などのコメントが続々寄せられていた。

カーリング女子韓国代表はメンバー全員の名字が「キム」のため混同することから、朝食に食べたものを基にしたあだ名をつけたことで知られる。その食べ物はパンケーキ、エニ(ヨーグルトのブランド名)、サニー(片面焼きの目玉焼き)、ステーキ、チョチョ(チョコレート)である。キム・ウンジョン選手はこの中では「サニー」だが、このあだ名があったうえで「メガネ先輩」と呼ばれている。しかも、韓国チームの監督もキム・ミンジョン氏でこれまた「キム」である。

関連記事(外部サイト)