Wエンジン・えとう窓口 新婚夫婦「お金のないクリスマス」の過ごし方を紹介

Wエンジン・えとう窓口 新婚夫婦「お金のないクリスマス」の過ごし方を紹介

※えとう窓口オフィシャルブログより

お笑いコンビ・Wエンジンのえとう窓口が自身のアメブロで、妻とのお金のないクリスマスの過ごし方を紹介した。

えとうは2016年11月11日に9歳年下の女性と結婚。今年ハワイで式を挙げており、ブログでも貧乏生活をしてきたえとう家にとっては一大事で、家族で議論を重ね実現したことをつづっていた。

そんなえとうは24日、「昨年は勝負をかけて家を購入&リフォーム、そして今年はかなり背伸びをして海外での家族婚、人生で一度であろう経験にお金をかけたので、貯金なんて全くありません なので、妻には申し訳ないけど、お金をかけずに都内のイルミネーションを見てきました!!」と、お金をかけないクリスマスの過ごし方を紹介。車で「恵比寿ガーデンプレイス」「カレッタ汐留のイルミネーション」「クリスマスバージョンの東京タワー」「お台場」という5つのイルミネーションを巡り、楽しんだようだ。

「おかげさまで、新婚生活初のクリスマスを気分だけでも味わうことができました。」と振り返ったえとう。「数年前、クリスマスだというのに高野山のお寺で一人で精進料理を食べた僕が………。数年前、家族のいる番組スタッフに無理矢理お願いして、一緒にご飯を食べてもらった僕が………。」と感慨深そうで、「かなり久しぶりに、なんならクリスマスに恵比寿やお台場にドライブデートなんて初めてかもしれません。」とコメント。「リッチなディナーや、豪華なプレゼントがないのに妻は喜んでくれましたが………」としつつも、「来年は頑張ってお仕事しないと!!」と、気合も入るきっかけになったようだ。

ファンからは「大分の田舎者からみたら凄い贅沢なXmas!羨ましいです。」「お金が無くても心が暖かいえとうちゃん。えとうちゃんの気持ち私達にも伝わってるよ。」「お金なんて関係ないですよね イルミネーション見るだけで充分クリスマス気分味わえますよね」などたくさんのコメントが寄せられた。

関連記事(外部サイト)