市川海老蔵、勸玄くんが麻央さんの死を初めて認識「辛いです」

市川海老蔵、勸玄くんが麻央さんの死を初めて認識「辛いです」

※市川海老蔵オフィシャルブログ・ヘッダー

歌舞伎俳優の市川海老蔵が27日、自身のアメブロを更新。長男の勸玄くんが、昨年6月に亡くなった母・麻央さんの死を認識し、初めて涙をみせたことを明かした。

「二人が」のタイトルでブログを更新し、「いま ママがいない事を悲しんで涙ながしていました 勸玄が明確に認識して涙を流した事を初めて見ました」と明かした海老蔵。勸玄くんは麻央さんが亡くなったことを初めて理解したよう。海老蔵は「わかるよ。としか言えない父親、抱きしめるしかできない父親、辛いです」と心境を吐露している。

続けて「母親の温もりを沢山感じさせてあげたい思いが私の中で大きなものとなっています」とつづった。

ファンからは「辛すぎますよね。ただただ抱きしめてあげることしか出来ませんものね。沢山たくさん抱きしめてあげてください」「ママを思って泣いていたら子供たちを沢山沢山抱き締めてあげてください。それだけでパパいるから大丈夫って安心できると思うので」「カンカンはやっと解りだしたのですね??辛いね!一杯泣かせてあげてください。心が痛みます」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)