高橋真麻 突然声が出なくなり不安吐露、病院通い徐々に回復

高橋真麻 突然声が出なくなり不安吐露、病院通い徐々に回復

※高橋真麻オフィシャルブログより

フリーアナウンサーの高橋真麻(35)がブログで突然声が出なくなってしまったことを明かし、治療の経過をつづっている。

24日、高橋は、

「夜から声がピタッと出なくなりました。」

と切り出すと、

「お酒も飲んでないし、勿論タバコも吸わないし
絶叫もしていないのに…」
「過労とストレスと風邪による
声帯の炎症らしいのですが
自分は過労だとは全く思っていないので
風邪が喉にきちゃったのかな…」

と全く心当たりがなく、戸惑いを隠せない様子。そのまま気合いで仕事に向かったようだが、

「今朝から出来る処置は全てしたのですが
ダメでした」
「スタッフの方からは
レモンとはちみつを溶いて飲んでみて下さい
と差し入れが」

と、回復の兆しが見えていない様子。

「突然、しかもこんなにも声が出なくなったことは初めてなので
怖くて…
治りますように…」

と不安をつづった高橋に対し、心配したファンからは、うがい薬やマスクによる対処法や、のど飴や漢方、マヌカハニーなどによる療法など、様々な治療法が提案されているほか、日頃の疲れを労う声も多く寄せられた。

高橋は、翌25日には、それらのコメントに

「皆様コメントありがとうございます
アドバイスを参考にしながら、なによりコメントが心強いです」

と感謝すると、“スタミナをつけながら優しいもの”ということで肉とうふを作って食べたことを報告。病院で吸入と注射をし、

「ガラガラかすれ声がほんの少しだけ出るようになってきました」

と喜んだ。なお、

「先生によりますと
まず、声を出さないのが一番。
どうしても使うときは
囁くようにウィスパーボイスで話すより、声が出なくても、きちんと話した方が
声帯への負担は少ないそうです」

とのことだ。

関連記事(外部サイト)