松坂桃李、妻の葵わかなは「見ていて気持ちが良かった」

松坂桃李、妻の葵わかなは「見ていて気持ちが良かった」

松坂桃李、妻の葵わかなは「見ていて気持ちが良かった」の画像

2017年後期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』が5月19日(金)にクランクイン。25日(木)に京都の松竹撮影所にて、ヒロインの藤岡てん役を演じる葵わかな、その夫である北村藤吉を演じる松坂桃李が取材に応じた。

『わろてんか』は、京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女で笑い上戸のヒロイン・藤岡てんが、旅芸人の藤吉と出会い、2人で日本中に笑いを広めるために奮闘していく物語。

撮影が始まった感想を問われた葵は「かつらをつけて長い髪にしたり、お衣装も豪華なのでとっても気分が上がっています」と楽しんでいる様子。NHK連続テレビ小説は『梅ちゃん先生』以来、2度目の出演となる松坂は、「帰ってきたような気持ちになるかと思っていたのですが、全然違いましたね。大阪での朝ドラの撮影は初めてなので、新鮮な気持ちです」と意気込みを語った。

取材会では、葵は真っ赤な着物、松坂は青を基調とした少し奇抜な役衣装に身を包み登場。葵は「赤に近い色をベースに選んでいただいて、とにかく華やかなんです。帯や襟、リボンなども毎回違うので、そこがポイントです」と衣装のポイントを紹介。続けて松坂が「僕は青を基調にしていて、どこかに鳥を取り入れているんです」とコメントすると、すかさず葵が「ダジャレみたい!」と突っ込みを入れ、仲の良さを見せつけた。

また、葵は役作りとして普段から表情を豊かにするように意識しているとのこと。共演シーンで、実際に葵の芝居を見たという松坂は「表情が本当に豊かで、見ていて気持ちが良かったです」と太鼓判を押す。葵も「いつも笑ってくださって、とてもいい方です。」と松坂の印象を語り微笑んだ。

初日から風邪をひいてしまい、朝ドラチームの優しさを実感したという葵。最後には「自分のことをしっかりとやって、風邪はもうひかないようにしたいです」と決意を新たにした。

関連記事(外部サイト)