奥山佳恵、英会話カフェでガンガントーク「出川イングリッシュがチラ見え」の声

奥山佳恵、英会話カフェでガンガントーク「出川イングリッシュがチラ見え」の声

※奥山佳恵オフィシャルブログより

女優の奥山佳恵が25日に更新した自身のアメブロで、妹と初めて英会話カフェに行った時のエピソードを明かした。

奥山の行った英会話カフェは、丸テーブルに外国籍の先生が1人いて、テーブルを囲うように初対面同士で座るというスタイル。奥山は「えっとー、ナイスチューミーツー!」と、物怖じすることなく話しかけたといい、本人も「まっっったく英語なんて話せませんが 話したいから、ガンガンいった。自分でもコワいわ」とコメント。

先生から英語で奥山と妹の関係を聞かれたときには、「池上彰さんのような 「いい質問ですねぇ!」というニュアンスで「グッドクエスチョン!」と返し、「クイズ! ワッツ・カンケーセー!」」と日本語交じりの英語で話を進めていったという。

さらに、姉妹という正解が出ないことから、「ノーフレンド。バット・・」「ベリーラブリー!」などとヒントを出し、このヒントを「「友達」じゃない。でも、だいすき! いいヒントだと思いませんか? 我ながら「グッドヒント!(いいヒントですねぇ!)」」と自画自賛していた。

英会話は盛り上がったようで、「あっというまに1時間もいたー!しゃべれないけど、いっぱいしゃべった。」とかなり楽しかった様子。妹からも「おねーちゃんと行ってよかった」「世界のどこに行っても、おねーちゃんって生きていけるんだろうね」と言われたそうで、妹には「トイレを探している時は、語尾を上げて「トイレ?」って聞けば大抵通じるよ!」というアドバイスを送ったことを明かした。

この奥山のエピソードに、「お姉ちゃんサイコー!!」「女子版出川?(笑)」「出川イングリッシュがチラ見えした」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)