鈴木おさむ、麻央さんの最後の言葉「愛してる」に自身の思いを語る

鈴木おさむ、麻央さんの最後の言葉「愛してる」に自身の思いを語る

オフィシャルブログより

放送作家・タレントの鈴木おさむ(44)が23日、自身のブログを更新。22日に2歳の誕生日を迎えた息子・笑福(えふ)くんへ送られた祝福コメントに感謝を述べるとともに、34歳の若さで死去した小林麻央さんについて綴った。

夫の市川海老蔵(39)が明かした、麻央さんが息を引き取る際に伝えた「愛してる」という言葉について鈴木は、

「普段、言葉ってなにげに使ってしまうことが多いです。
何気なく言った言葉で傷つけしまったり。
だけど『愛してる』という言葉は
言う前に『言うぞ』と思って言っています。
責任を持って言っています。」
と持論を語った。

さらに、「僕は30をすぎて、この言葉を使えるようになりました。
妻と出会い。愛してるという言葉を使えるようになり愛しいという感情が本当に分かるようになりました。
妻は僕に『愛してる』という言葉を言ってくれません。
結婚して一回。あったかな…
目を見て言ってもらえたことがない。妻の中でも、大切な言葉。
だから。愛してる。心が真ん中にある。だからすごい。」

と、「愛してる」という言葉の大切さについて思いを馳せながら、

「僕が妻に出会えてなかったから
この気持ちを分からないままだったかもしれない。
だから愛してるという言葉を感じるようにさせてくれたことにありがとう。です。」

と妻・大島美幸(37)への感謝を綴った。

最後に鈴木は「小林麻央さん。ご冥福をお祈りいたします。」と麻央さんの冥福を祈りながら締めくくっている。


【関連リンク】
・「愛??」(鈴木おさむオフィシャルブログ)
・鈴木おさむ 女性の根性はすごい、AKB48峯岸みなみは「たくましい」
・市川海老蔵、ブログで「人生で一番泣いた日」に心配のコメント多数
・羽田美智子 野際陽子さん闘病中の秘話明かす「傷跡痛々しく、、」
・いしだ壱成 主演舞台で宝塚出身女優が明かす「アドリブだらけ」