『コウノドリ』出演前の態度を謝罪 「あの時は本当にごめんなさい」

『コウノドリ』出演前の態度を謝罪 「あの時は本当にごめんなさい」

※高橋メアリージュンオフィシャルブログより

モデル・女優の高橋メアリージュンが25日にアメブロを更新。TBS系ドラマ『コウノドリ』の役作り中の出来事について両親に謝罪した。

『コウノドリ』は作家・鈴ノ木ユウ氏の同名漫画を実写ドラマ化した作品。産婦人科を舞台に、俳優・綾野剛演じる主人公の産婦人科医・鴻鳥サクラが「妊娠」「出産」を通して生まれる人と人との結びつきや葛藤を描く。高橋はドラマ内で、産後うつになってしまったキャリアウーマン・佐野彩加役を演じた。

『コウノドリ』の役作り中に両親が東京に遊びに来たという高橋。しかし役に対する責任感から、「役の事を考えてる以外の時間」が少しでもある自分が許せず、「幸せなはずの時間を幸せだと感じれなくて、焦って焦って…両親に全然優しくできなかった」と後悔をつづった。

高橋は、両親が地元に帰った後で「お父さん、お母さん、ごめん。優しくできなくてごめん」という気持ちがこみ上げてきたといい、「いつ何が起きるか分からないこの人生で、優しくできないままもしこのまま会えなくなってしまったら…と思うと恐ろしくて恐ろしくて。自分が傷つくより人を傷つけてしまう時の傷は本当に痛いですね」と、役とプライベートを切り離せない自分への葛藤を吐露した。

しかしドラマの放送が始まると、周囲からの好意的な反響に加え、両親も「おめでとう!」と感想を言ってくれたといい、高橋は「そういった声のお陰で私も彩加と共に救われました。皆さん、あたたかいお言葉本当にありがとうございます」と謝辞を述べ、「コウノドリチームの皆さんの宝物の1ピースになれた事が本当に嬉しく、この作品が自分にとっても宝物のような作品になりました」と述べた。

ブログの最後で高橋は両親のツーショットを公開し、「お父さん&お母さん あの時は本当にごめんなさい!いつも変わらず大好きです」と締めくくった。

【関連記事】
・お父さん&お母さんごめんなさい(高橋メアリージュン オフィシャルブログ)
・奥山佳恵 吉田羊から差し入れをもらい、息子に「貴重なんだよ」と念押す
・高橋メアリージュン『コウノドリ』最終回に再登場 ナオト・インティライミとの“夫婦”ショットも公開
・高橋メアリージュン「産後うつは誰にでもなり得る病気」 『コウノドリ』ゲスト出演を振り返る
・ナオト・インティライミと夫婦役で『コウノドリ』に出演「色んな再会があって嬉しい」