高須院長 大晦日までCMを沙知代さんバージョンに変更「サッチー綺麗だよ 見送ってあげてね」

高須院長 大晦日までCMを沙知代さんバージョンに変更「サッチー綺麗だよ 見送ってあげてね」

※高須克弥オフィシャルブログ・ヘッダー

高須クリニックの高須克弥院長が、26日に更新したアメブロで、25日から大晦日まで、「僕の出ている高須クリニックのCMは全てサッチー追悼バージョンに変える」と発表した。

野村沙知代さんは、は8日に虚血性心不全で亡くなった。高須院長は「高須クリニックのCMに西原理恵子がでるようになってから サッチーから「あの女を降ろして私を出しなさい」としょっちゅう電話がきた」と振り返る。

沙知代さんが亡くなる前の晩、高須院長はパートナーで漫画家の西原理恵子氏と一緒に、沙知代さん夫婦と会ったといい、そのときのことを「サッチーは上機嫌で 別れる時「また合おうね!」って迎えの車の窓を開けて手を振ってくれた」と回想。続けて、「あの女を降ろして私を高須クリニックのCMに出しなさい」はサッチーの遺言である」とコメントし、CMの変更を告知。「サッチー綺麗だよ 見送ってあげてね」と呼びかけた。

高須院長はツイッターでも「12月25日から大晦日まで限定で追悼CMに切り替える。サッチー美しいよ。見送ってあげてね」と投稿し、動画も公開。フォロワーからは「素晴らしいですね。サッチーありがとう」「とてもいいCMですね。サッチーご冥福お祈りします。」と、沙知代さんを偲ぶ声のほか、「高須先生、粋だぜ…。男として憧れるぜ。」「なんか先生の優しさに涙がでそうになりました」「自分の時にこんなに悲しんでくれる友人がいるのかなぁ…と思う。生者は生きてる限り頑張らないと!」など、高須院長のはからいに感動したという声が多数寄せられている。


関連記事(外部サイト)