川口春奈 10年以上気づかなかった表記に衝撃「かわぐてぃ になっていたなんて…」

川口春奈 10年以上気づかなかった表記に衝撃「かわぐてぃ になっていたなんて…」

※川口春奈オフィシャルブログのスクリーンショットです

女優の川口春奈が、自身のInstagramとアメブロで、マイレージカードに書かれた自分の苗字のローマ字表記について、驚いたことを明かした。

「マイレージカードを作ってから 10年以上まさか自分の名前が かわぐてぃ になっていたなんて…」というコメントとともに川口が公開したのは、「KAWAGUTI」と書かれたカードの写真。

ローマ字表記にはヘボン式と訓令式などがあるが、外務省によれば、パスポートの氏名は、戸籍に記載されている氏名をヘボン式ローマ字で表記することになっている(旅券法施行規則第5条第2項及び第3項)。例えば川口という苗字なら「KAWAGUCHI」だ。

今回川口が気がついたのはマイレージカードであり、間違いというわけではないが、英語風に発音すると「CHI」は「チ」であるものの、「TI」は「ティ」となることから、「かわぐてぃ になっていたなんて…」というお茶目な川口のコメントに、「かわぐてぃwww」「かわいい!w」「やばいじゃん。笑」など、思わず吹き出したようなユーザーが続出している。


関連記事(外部サイト)