森口博子、20数年ぶりに永井真理子と再会2ショット「あの頃のままで感動」

森口博子、20数年ぶりに永井真理子と再会2ショット「あの頃のままで感動」

※森口博子オフィシャルブログより

歌手の森口博子が、25日に更新したアメブロで、歌手の永井真理子と20数年ぶりに再会したことを明かした。

森口と永井は、かつて1989年から1992年にかけて放送されていたバラエティ番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ系)でレギュラーとして共演。今回森口がMCを務める音楽番組『Anison Days』(BS11)に、永井がゲストとして出演し、久しぶりの共演を果たした。

森口が永井に会うのは、「20数年ぶり? 友人宅のホームパーティーで真理子さんの海老マヨ食べて以来(笑)プリプリで美味しかったなあ」と、ホームパーティー以来20数年ぶりなのだそうで、「相変わらず、キュートで可愛いらしい?あの頃のままで感動しました」と、変わらない永井の雰囲気に懐かしい気持ちになったようだ。

番組で永井は、1989年にリリースされた『ミラクル・ガール』を披露し、森口は「真理子さんに会うと温かい気持ちになります」と、相変わらずの歌声に感動。また久しぶりの2人のツーショットには、「なんとも懐かしい2ショット やまかつテレビ見てましたよ?モロ世代です。」「やまだかつてないTV懐かしいですね。永井真理子さん、相変わらず可愛いですね。」「懐かしい?」と、当時を懐かしむファンの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)