大浦龍宇一 息子の学校プリントにあった「魔法のうがい」を紹介

大浦龍宇一 息子の学校プリントにあった「魔法のうがい」を紹介

※大浦龍宇一オフィシャルブログより

シングルファーザーとして息子を育てている俳優の大浦龍宇一が、26日に更新したアメブロで、「魔法のうがい」を紹介している。

大浦は1994年にドラマ『この世の果て』(フジテレビ系)で俳優デビュー。2000年に結婚したが2007年7月に離婚。ブログでは現在中学2年生になる息子との日々をつづることも多く、クリスマスイブにはプレゼント交換をしたことを報告。おそろいの服で2ショットを撮ったあとは、家で作ったクラムチャウダーとバケットを食べ、そしてシャンメリーで乾杯をしたという。翌日のブログでは、「僕のメッセージカード読んで、ありがとうって、言ってくれた そのシンプルな言葉が一番のプレゼントでした。もうじき大晦日。君の14歳の誕生日。また楽しくいこうか!!」とつづっていた。

この日は、「息子の学校プリントより。」として、うがいの際、上を向いて「ま? ほ?」と声を出して2、3回繰り返すことで、喉の奥にも水やうがい液が届くというイラストを紹介。「確かに「ま?、ほ?」と声に出してうがいすればいい感じ!!」とコメントを添えている。

関連記事(外部サイト)