廣木隆一監督の処女小説を映画化 瀧内公美、高良健吾らが出演

廣木隆一監督の処女小説を映画化 瀧内公美、高良健吾らが出演

※映画『彼女の人生は間違いじゃない』主演の瀧内公美

『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督が、どうしても描きたかったという自身の処女小説『彼女の人生は間違いじゃない』を映画化することが決定した。

物語の舞台は、震災から5年後の、廣木監督の出身地福島。週末になると高速バスで福島から渋谷へ、デリヘルのアルバイトをしにいく主人公みゆき。
戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し続ける。それは、今この時代を生きる私たちに共通する想いかもしれない。すべてのひとに幸あれと願わずにいられない、心に爪痕を残す至極の物語がここに誕生した。

主人公みゆきという体当たりの難しい役どころに全力で挑んだのは、『日本で一番悪い奴ら』の瀧内公美。日常に戻ることなく役になりきるため、撮影中は一度も家には帰らなかったという。
亡き妻を今も慕うみゆきの父親には、多くの名匠に愛され、最近では『恋人たち』、『共喰い』での好演も記憶に新しい光石研。
素性を隠すデリヘルの従業員には主演映画『横道世之介』で数々の映画賞を受賞、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』主演など、今や人気、実力ともに兼ね備えた高良健吾。
みゆきの同僚で市役所職員には、『聖の青春』でのプロ棋士役など、独特の存在感で異彩を放つ柄本時生など、物語に深みを与える実力派俳優が揃った。

廣木隆一監督は、
「朝起きて何気ない毎日が始まることと思っていた。5年と言う歳月はあっという間に過ぎていく。そんな時代に産まれた僕らの記憶と記録。今を生きている僕らの映画にしたかった。大げさに何かを言うのではなく、何かを伝えられる映画というものを信じるための映画にしたかった。
ただ、その地に行って撮影して帰ってくるのではなく、その地に立って感じたことを全て描き切ること。ここには正直に向き合ったキャスト、スタッフの姿があるはずです。そして、それは『彼女』の人生の一部かもしれないが、今でも『彼女』はその一部の人生を生きているのだと確信できる映画になってくれたらと思います。劇場でその瞬間に立ち会ってもらえたら嬉しいです」
と本作への熱い想いを語った。

また主演・瀧内公美は、
「この作品に参加できて、感謝と共に実りある時間を過ごせました。今でも撮影していた時の事を思い出すと、溢れそうな想いに胸がいっぱいになります。私は福島出身ではありません。その私がこの題材を表現することが出来るのか、緊張して棒人間になっていた私に、「これは福島だけの話じゃない」と言ってくださった廣木監督の言葉が、私を前に向かせてくれました。
廣木監督が描く本や言葉、眼差しはいつだって優しくて、本当の優しさや想いが映画にたくさん詰まっていると思います。その想いを感じながらも、本に描かれていることを表現することは難しくて、今の福島を見て聞いて感じて、撮影中、ずっと心が止まったり動いたり、無になったり、感じる事をやめたくなったり、いろんな想いがいっぱい生まれました。私は、本当に不器用な人間です。
でも、伝えるのが下手でも手を差し伸べてくれる人が世の中にいて、廣木監督がいて、スタッフの方々がいて、その優しさや想いが映画になって、観てくださる皆様へ届けられたら、何か感じていただけたらなと思います。」
と意気込みを語っている。

文芸作品の映像化に定評がある廣木監督の真骨頂ともいえる新作映画『彼女の人生は間違いじゃない』は2017年7月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか、順次全国公開する。