ひき逃げに遭い警察からの聞き取り捜査「事故の記憶が全くない」

漫画家のサシダユキヒロさんが10月22日にオフィシャルブログ「僕の生きる道」を開設。2010年7月に脳腫瘍で倒れ、2015年2月に今度はひき逃げに遭った後遺症で左半身麻痺が残る障害を持つに至った経緯を自身執筆の漫画「俺は2度死ぬ」と共につづっている。

■ひき逃げの被害に遭ったことを告白

20日に更新したブログでは「その日はとても寒い日だった」と切り出し、漫画家仲間とスタッフともに楽しく飲んでいたと振り返った。その後、解散し「楽しい時間の後の帰り道は寂しいなぁ」と思いながら歩いていたところ、なんと「俺は…ひき逃げを…された」とひき逃げの被害にあったことを明かしてた。

【画像】俺は2度死ぬ

■警察官による聞き取り捜査

30日更新のブログでは、ひき逃げに遭い目を覚まし、意識もだいぶはっきりしてきたため、警察官による聞き取り捜査を受けたことを振り返った。しかし、サシダさんは「事故の記憶が全くない」といい「どちらかというと事故について警察の方から説明をされるという感じだった」と回想。話によると、倒れたサシダさんは、通行人に発見され、救急車を呼んでもらい病院に運ばれたとのことで「警察ははじめ僕が酔っ払って転んだのだろうという考えだった」と驚いた様子で述べた。

引き続きブログでは、2010年7月に脳腫瘍で倒れ、2015年2月に今度はひき逃げに遭った後遺症で左半身麻痺が残る障害を持つに至った経緯を自身執筆の漫画「俺は2度死ぬ」と共につづっている。

【画像】僕は二度死ぬ

関連記事(外部サイト)