廣瀬智紀、宮野真守らと『髑髏城の七人 season月』制作発表「刺激しかありません」

廣瀬智紀、宮野真守らと『髑髏城の七人 season月』制作発表「刺激しかありません」

※廣瀬智紀オフィシャルブログより

俳優の廣瀬智紀が25日、劇団☆新感線『髑髏城の七人 season月』の制作発表に登壇したことを自身のブログで報告した。

「本日、『髑髏城の七人Season月』の制作発表でしたっ!ご来場頂き、そして会場から応援誠にありがとうございました!」と始めた廣瀬は「今日、初めて顔を合わせたキャストの方々との出逢いは刺激しかありません」と報告。「ちくしょーう!やっぱ緊張したー!」としながらも「この方々と月髑髏を創っていくのかと思うとワクワクとドキドキが止まりません」とつづった。

続けて「制作発表では、自分の考えていた受け応えができず自分の未熟さを痛感しましたが、もうとにかくがむしゃらに食らいついてやるしかないので、今年の残り全エネルギーを注ぎます!送り出し、ありがとうございました!」と感謝も述べた。

また「下弦座長の宮野真守さん 天魔王ひろきくんと」と俳優・宮野真守と鈴木拡樹との3ショットを公開。「宮野さんの纏うオーラ、しっかりと先を見据えた座長としての責任感を今日の出逢いで感じました」とつづり「自分もやることは山積みですが、持ち前のポジティブ精神で必ずやこのてっぺんの見えない壁も乗り越えてみせます」と意気込みを語った。

続けて「上弦の月 捨之介役 福士蒼汰さん 天魔王役 早乙女太一さん 蘭兵衛役 三浦翔平さんと」と他共演者と一緒に撮られた集合写真も公開。最後は「今日は、朝の僕でお別れしましょう!」と眼鏡をかけてコンビニの前で撮られた自撮り写真を公開、「久しぶりに健太にも会えて嬉しかったな」と共演者の俳優・須賀健太のことにふれながらブログをしめくくった。

この投稿に「楽しみ!」「制作発表行ったよー!」「智紀くん声が低いから落ち着いてるように見えたよ」など舞台や制作発表に関するコメントに加えて「朝の智紀くん」「めちゃめちゃかっこいい 」「ともくんオンとオフの差が好き」などプライベートの自撮り写真へのコメントも多く寄せられている。

俳優の筧利夫・渡辺いっけいらを輩出した劇団『劇団☆新感線』の代表作である『髑髏城の七人』は1990年から上演される作品。「花鳥風月」の4シーズンに分けて連続上演し、俳優の阿部サダヲ・森山未來らが出演する「Season鳥」、俳優の松山ケンイチ・向井理らが共演する「Season風」に続き、11月23日より「上弦の月」「下弦の月」の2チームに分かれ「Season月」が上演される。

関連記事(外部サイト)