浅利陽介『コード・ブルー』の打ち上げでケツメイシ歌うも「ほとんど覚えてません」

浅利陽介『コード・ブルー』の打ち上げでケツメイシ歌うも「ほとんど覚えてません」

※浅利陽介オフィシャルブログより

フジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー?ドクターヘリ緊急救命?THE THIRD SEASON』に出演していた俳優の浅利陽介が26日、同ドラマの打ち上げでの様子をおさめた写真を公開した。

「余韻?」と題したブログで浅利は「いやー、夏の疲れがどっとでいる今日この頃・・・しっかり休んでました」と始めた浅利は「昨日あたりから、なんとなーく運動しようと思って、プールいったんですが、疲れたらやめようと思いながら、何だかんだで、450M泳ぎました。きつかったー・・・笑」とリフレッシュする様子を報告。

「ぼく、中学の水泳の授業からほとんど、泳いでなくて。やってみて、思ったんですけど、マジきついっす。おばちゃんとか、おじちゃん、子供にスイスイ抜かれていきます。ただ、トレーニングとしては、効果ありますね。あー、続くかなー」と語り「落語も再開しよーっと」と趣味の落語にも心惹かれていることをつづった。

続けて浅利はマイクをもってステージ上に立つ自身の写真を公開し「あ、これCBの打ち上げの時、ケツメイシの『手紙?あれから?』を歌ってるときだと思います・・・笑」とコメント。「ほとんど覚えてませんが、楽しかった?」と大盛り上がりだった様子を報告した。

この投稿に「撮影の大変さ、過酷さ…が伝わって来ます」「ゆっくりできるときは体休めてくださいね」など労いのコメントや「覚えていない?ってなんかかわいいです」「本当にキャストの皆さん仲良しなんですね…今から映画化が楽しみです」などドラマに関するコメントが寄せられている。

同ドラマは、救命救急センターを舞台に、若きフライトドクター候補生や指導医達、ドクターヘリに携わる医師達の奮闘と葛藤を描いた作品。2008年に1st season、2010年に2nd seasonが放送され、2017年は3rd seasonが放送。浅利は救命センターの医師・フライトドクターの藤川一男を演じていた。18日の最終回の平均視聴率は16%を超えており、2018年には映画化されることも発表されている。

関連記事(外部サイト)