アンガ田中卓志がカープファンの困った行動に苦言

アンガ田中卓志がカープファンの困った行動に苦言

※田中卓志オフィシャルブログより

お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志(40)が、広島カープファンの困った行動に苦言を呈した。9月初旬カープが25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たし、日本中が大興奮。

そして、芸能界のカープファンたちも沸いた。特に、杉原杏璃(34)がビキニに姿で祝福したり、加藤紗里(26)が、実家のステーキ店のドリンクを奢ると宣言するなど、カープ女子の芸能人が目立った。

広島カープは、若手の選手が多く、ユニフォームも赤で可愛らしいことから、近年若い女性のファンが増えている。新規ファンの増加はもちろん喜ばしいことだが、一方で野球観戦に慣れないファンたちのマナー違反も目立ってきているようだ。

 田中は、カープファンがフェンスを越え切っていない
ボールをグローブでキャッチし、ホームラン判定が出たことについてブログでこう苦言。

「観戦マナー的にはやってはいけない行為。」
「知らなかったなら、以後気をつけて欲しいです」

と厳しい意見を述べた。田中自身もカープファンであるが、

「グローブが出なければ、工藤選手の大ファインプレー!だったかもしれない」
「もしそうだったならカープファンであっても、相手のファインプレーには悔しいけど、凄いプレーを観たなー!と思えるくらいのスタンスで野球を見て欲しいです」

と野球ファンとして対戦相手の中日ドラゴンズを思いやった発言であったようだ。これを見たファンからは

「田中さん素晴らしい。名誉カープファンやね」
「そうですね。田中さんのおっしゃる通りだな?と思います。」
「スポーツ観戦、お客さんのルールやマナーも大事!」など、

田中への賛同の声が多数寄せられた。

関連記事(外部サイト)