堂珍敦子が『美味しんぼ』にも登場の「トンブリ」紹介

堂珍敦子が『美味しんぼ』にも登場の「トンブリ」紹介

※堂珍敦子オフィシャルブログより

モデルの堂珍敦子(38)が、「とんぶり丼」の朝食をブログで紹介している。5人の子供達の和朝食を紹介したが、その内容は

「具沢山お味噌汁に、シラス丼か秋田土産のとんぶり丼

畑のキャビア とんぶりに、メカブとオクラとポン酢を混ぜて、半熟卵のせ」

丼は2種類から選ぶことができたようだ。ここでいう「とんぶり」は堂珍が言う通り「畑のキャビア」ともいわれるアカザ科ホウキギの種子のこと。秋田県の名産で、キャビアと同様につぶつぶしている。食感はキャビアとは異なりプチプチしている。

漫画『美味しんぼ』では、成金の若社長・団一郎主催のパーティーで「キャビア茶漬け」を客に振舞う前後に「イクラと山芋とトンブリ」を出す。2回も出すことの意図について団はこう説明した。

「イクラも山芋もそしてトンブリも、我々の身近な食べ物。しかしよく味わえばキャヴィアに劣る物ではありません。私はキャヴィアよりもトンブリを大事にしていきたい。それが私の生きる方針であり、経営方針であります」

このように、漫画の題材になるような食材でもある。堂珍はトンブリ丼の上に半熟卵を乗せたが、その作り方は極めて簡単なようだ。

「半熟卵は、いつも、鍋で作ってます。沸騰させてから、火をとめて卵投入、13分放置!」

とのこと。

関連記事(外部サイト)