浅香航大が吉田羊主演ドラマゲスト出演で上半身裸姿公開

浅香航大が吉田羊主演ドラマゲスト出演で上半身裸姿公開

※メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断公式ブログより

10月11日初回の連ドラ『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断』(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜午後9時?)第2回のゲストが浅香航大(24)に決定した。番組の公式ブログが発表した。

同作は、吉田羊の民放連ドラ初主演の医療ドラマで、1話完結で毎回ゲストが登場する。浅香が演じる役は、五輪の競泳でメダルを期待される選手役。

2014年に「アイスバケツチャレンジ」で広く知られるようになったALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されたが、セカンドオピニオンを求め吉田の元を訪れるという設定だ。浅香は、今回の役を演じることで、リオ五輪の見方が変わったと語った。そして、浅香の上半身裸写真も2枚公開。

「オリンピックでメダルを取っている選手も、きっといろんな思いがあって練習に励んで、スポーツ一筋でやってきていたんだろうなと思って、今回のオリンピックの見方も変わりましたね。

世間から寄せられる期待。メダルに対するプレッシャー…。そんなスポーツ選手の姿は記憶に新しいかもしれません。

リアリティ溢れる描き方になっています」

このように、ゲストの生声を同ブログでは紹介しているが、オフショットも多数公開している。これまでには高橋克典&吉田羊、吉田羊&吉岡里帆、高橋克典&相武紗季など。

関連記事(外部サイト)