西野カナ、デビュー10周年東京ドーム公演を振り返り「感謝の気持ちでいっぱい」

西野カナ、デビュー10周年東京ドーム公演を振り返り「感謝の気持ちでいっぱい」

※西野カナオフィシャルブログより

歌手の西野カナが25日、24日に行われた『Kana Nishino Dome Tour 2017 "Many Thanks"』の最終公演である東京ドーム公演を振り返り、ファンへの感謝を自身のブログでつづった。

西野はまず「東京ドームに遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました!改めてデビュー10年目にこんな素敵なステージに立たせてもらえたこと、感謝の気持ちでいっぱいです 皆さんに連れて来てもらった東京ドームです。本当にありがとうございました!」とお礼を伝えた。

続けて「東京ドームは今までで1番大きな会場でしたが、みんなをすごく近くに感じられて、最高の時間を過ごせました 一緒に歌って踊って笑ってくれてありがとう みんなで挑戦してくれたウェーブ、最高でした!」と盛り上がった様子を振り返った。

「私の実況中継はあれやったけど ライブ後にメンバーから、カナちゃんの実況めっちゃ早口やし、あぁゆう時は噛まへんのやなと言われてしまいました笑笑」と自身のMCを振り返りながらも「とにかく、楽しかった!」とコメント。

「いつも応援してくれるみんながいてくれて、最高のバンドメンバー、ダンサーのみんな、いつも支えてくれるスタッフの皆さんがいてくれるおかげです 本当に皆さんありがとうございました!こんな私ですが、これからもよろしくお願いします」と改めて感謝を伝えた。

最後は「東京ドームで撮った記念写真載せるね」と「1日目のチーム1塁側」「2日目のチーム3塁側」など多くのファンとともに撮影した記念写真を投稿。「またみんなに会えるの楽しみにしてます」とつづりブログをしめくくった。

この報告に「ドーム1日目に参加したよ!カナやんに会えて幸せでした!」「すごーく、しあわせでした。改めて10周年おめでとうございます」「本当に"最幸"の時間でしたっ!!」などドーム公演に参加したファンから450件以上(26日16時時点)のコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)