杉浦太陽、親子で『Nintendo Labo』に挑戦「帰ってきたノア姉さんが一番ハマってたわ」

杉浦太陽、親子で『Nintendo Labo』に挑戦「帰ってきたノア姉さんが一番ハマってたわ」

※杉浦太陽オフィシャルブログより

4月20日に発売された『Nintendo Labo』で工作をした体験を、俳優でタレントの杉浦太陽が28日と29日に更新したアメブロで報告。『Nintendo Labo』は、任天堂が販売する『Nintendo Switch』のゲームに対応する段ボール製のコントローラーである『Toy-Con』を作るキット。このコントローラーを子供達と作る過程を報告した。

杉浦によると、「釣り」のゲームに使用する『Toy-Con』の完成までには1時間半かかるとのこと。杉浦と息子2人でこれを作っていったのだが、「親子の工作教室みたいで楽しかったなぁ なんか…いい時間を過ごせました」と振り返った。そして、このコントローラーを使った「釣り」ゲームのクオリティ自体も高かったようだ。

だが、今回3人の子供達の中で一番ハマったのは、最年長の長女・希空(のあ)ちゃん。「帰ってきたノア姉さんが一番ハマってたわw」とのことで、彼女は4時間コースのピアノに挑戦したのだという。

杉浦が続いて更新した「やり遂げたね?」というエントリーでは「ノア姉さん、根気よくやり遂げました 凄い凄い バイクまで作ったよ?」と希空ちゃんの作ったコントローラーを紹介し、その根気を褒めていた。

関連記事(外部サイト)