的場浩司 牛丼屋のミスに腹立てず「年をとったんですかね」

的場浩司 牛丼屋のミスに腹立てず「年をとったんですかね」

※的場浩司オフィシャルブログ・ヘッダー

俳優の的場浩司(48)が、牛丼屋で牛丼を購入した際のエピソードを自身のブログで披露。心の広いところを見せている。

大のスイーツ好きとして知られ、テレビや雑誌などでしばしばスイーツに関する話題を提供している的場。だがある夜、どうしても牛丼が食べたくてたまらなくなった的場は、仕事帰りに牛丼を買って帰ることにした。

牛丼屋に寄ると、マネージャーが牛丼を買ってきてくれると言ったため、車の中で待っていた的場。しかしマネージャーによれば、その牛丼屋は「店員さんがおそらく全員外国の方」で、「(注文を)あまり理解してくれてないような感じ」だったという。

マネージャーいわく、「後から入ってきたお客さん、うまく伝わらないのか…イラついて何も買わずに出ていっちゃいました」という状態。的場が帰宅して牛丼の中身を確認すると、「全部ちゃんと理解してもらえたか心配です…」というマネージャーの危惧は当たっていた。的場の手元にある牛丼は、

「いつもビニールに密封されている筈の袋が開いてる…」
「温玉が入ってるパックから玉子を取り出して割ると… 生玉子…」
「その代わり… 大根おろしは山のように入ってました…」

と、イレギュラーなことばかり。的場の期待とはだいぶ異なる品だったようだ。

的場と言えば、デビュー以来ヤンキーなどの役柄が多い俳優。プライベートでも怒りっぽいのかと思いきや、トラブルにも大人の姿勢を見せたようだ。ブログによれば、

「いいんです…大丈夫…生玉子も好きですから…」
「ちょっとだけ間違えたのかな…
でも、日本人でも間違えることあるしね…」
「外国から日本に来て一生懸命働いて… 頑張ってるんですから…
雇う側が気を使ってあげた方がいいんじゃないかな…」

と、思いやりの言葉をつづった的場。ただし、以前は短気なところもあったようで、

「昔は一々腹立ちましたが… 今は小さなハプニングは楽しめます…
年をとったんですかね… 」

との感想を漏らしている。

関連記事(外部サイト)