芳根京子、瀬戸康史とお揃いクラゲ衣装で肩組み2ショット「被り物が日本一似合う女優」の声も

芳根京子、瀬戸康史とお揃いクラゲ衣装で肩組み2ショット「被り物が日本一似合う女優」の声も

※芳根京子オフィシャルブログより

女優の芳根京子が26日、自身のアメブロを更新。フジテレビ系月9ドラマ『海月姫』で共演中の俳優・瀬戸康史との2ショットを公開した。

芳根は先週放送されたドラマ『海月姫』の第6話について、「現場で話題となったしゅうしゅう好感度爆上げ回。笑 あれはときめきますね。さすがの月海でも。」とつづり、「尼〜ずも、バラバラになるかと思いきや、まさかのデモに食いつくまややさんとばんばさん。笑 パールつけたりパールつけたりパールつけたりパールつけたり、、笑 6話も笑わせていただきました。ありがとう、尼〜ず。」と振り返った。

続けて「6話もたくさんオフショット載せます!」と瀬戸とクラゲの衣装に身を包んだ2ショットや“尼〜ず”メンバーたちとのコスプレショットなど多数公開。第7話にもふれ、「そして新たな登場人物 カイ・フィッシュの登場です! 賀来賢人さんです。」とつづり、「さぁ!今日は長丁場。みなさんと一緒に頑張ります!」と締めくくった。

この投稿に「海月の被り物が日本一似合う女優さんに決定ですね」「尼?ずの皆さんとのドタバタ劇がいつも最高です。」「お身体に気をつけて頑張ってください。」「6話に続いて、7話も激動の急展開。ますます目が離せません。」「6話終わったばかりだと思ってたら……1週間は早いです」などのコメントが寄せられている。

『海月姫』は、東村アキコ氏による同名の漫画を原作としたドラマ。クラゲオタク女子・倉下月海と女装男子の鯉淵蔵之介、その異母兄・修との三角関係をコミカルに描く。瀬戸が蔵之介役を、芳根が主人公の月海をそれぞれ演じる。

関連記事(外部サイト)