宮原知子、オリンピック初出場に意気込み「本当の勝負はここからです」

宮原知子、オリンピック初出場に意気込み「本当の勝負はここからです」

※宮原知子オフィシャルブログより

フィギュアスケート選手の宮原知子が27日、自身のアメブロを更新。平昌オリンピックへの意気込みをつづった。

宮原は先日行われた全日本選手権で連続4度目の優勝を果たし、五輪代表入りを決めた。

ショートプログラムでは自分の力が出し切れず悔しい思いをしたという宮原。「前回の全日本はどこかいつもとは違う雰囲気も感じました。ただ、このような舞台で優勝できたことは自分自身を強くしてくれた、スケート人生の中で本当に貴重な体験だと思っています」と感慨深げに振り返った。

続けて「ようやくこれで、世界のトップと戦うためのスタート地点にたどり着きました。本当の勝負はここからです。克服すべき課題に取り組み、自分のスケートを磨き上げていきたいと思います」とオリンピックに向け熱い思いをつづった。

オリンピックは初出場で「この大舞台を存分に楽しんで、やるべきことをしっかりやって、自分らしい演技ができるように頑張ります」と意気込み、コーチ、家族、友人らに感謝の言葉を述べた。

同じく代表入りが決まった宇野昌磨選手や全日本選手権で3位だった紀平梨花選手との写真を公開。日本選手権後には焼肉を堪能したといい「これでまたフルチャージです」とつづっている。

関連記事(外部サイト)