小林麻央 暇すぎてトレペで「おさげ」編み、母の胸中吐露

小林麻央 暇すぎてトレペで「おさげ」編み、母の胸中吐露

※小林麻央オフィシャルブログより

フリーアナウンサーで乳がん闘病中の小林麻央(34)が20日のブログで、「小さな挑戦」を報告。「暇すぎて」という小林は、「トイレットペーパー折り」に挑戦してみたといい、さまざまな折り方のトイレットペーパーを紹介している。

小林が折ったといい、画像を公開したのは、「リボン」「ハート」「おさげ」の3種類。トイレットペーパーホルダーのカッター部分に、それぞれちょうど形があらわれるようになっており、「おさげ」についてはなかなかシュールな見た目で、小林も「おさげ笑」と笑いを堪えられない様子だ。

しかし、その後

「疲れ果てました。

小さすぎる挑戦にも
驚くほどの体力が必要なのだと痛感。」

と、集中した細かい作業に体力を使ったことも報告。一方で

「トイレットペーパーでなく、
娘の髪の毛をおさげに編みたいです」

という母の胸中を吐露している。

これには夫で歌舞伎役者の市川海老蔵(38)も、ブログで

「面白すぎるやん!
疲れ果てました。
がツボすぎる。
何をやってんだよー笑」

とツッコミつつ、「しかしすごいな初めて見たわ笑」と、その出来栄えにうなっていた。

小林は同日のブログで、現在は肺や骨などにも転移していることを明かしている。

関連記事(外部サイト)