芸人・紺野ぶるま、憧れのキラキラブログを諦める「自分の中に悪意がある」

芸人・紺野ぶるま、憧れのキラキラブログを諦める「自分の中に悪意がある」

※紺野ぶるまオフィシャルブログより

お笑い芸人の紺野ぶるまが、27日のアメブロにて、憧れの理想とするブログを書けない自分への悶々とした思いをつづった。

紺野は「ブログって本来なにを書くものなんだろう??」と疑問を呈し、何を書いたらいいかわからないと告白。

「なんてたって わたし本音を公開するの極端に苦手だし、文字にするのも下手だし、苦手で下手なことがバレるのもすごくやだ、こわい。苦手で下手なのにそれをどうにかしたいとか、してほしいとかいう可愛げゼロ。とはいえなんかちょうどいいことを書く技量もない。」と、自身について吐露したうえで、「本当はイライラしたときとか うまく共感を得るような文章をかいて でもちゃんと可愛げもあって 嬉しいコメントをもらって『あったかいコメントありがとうございますおかげで元気になりました』 とかやりたい。」と、自分の理想とするブログ像を告白した。

さらに、紺野は「旦那もいなければ子供もいない。プチプラは鬼のように持ってるのにハイブランドは持ってない。プチプラを高く見せる技術も皆無。」など、ブログのテーマになりそうなものも持っていないと自己分析。

また人に喜ばれるブログの要素としては「人に羨ましがられる またはさらけ出す 共感する またはなにを書いても興味を持たれるくらい著名」「好感」「適度な自虐、苦労」という特徴をあげる。

しかし、「「こんなわたしってダメですよね。。」をのせる そして「暖かいコメントありがとうございます。おかげで元気になりました」 からの 「皆さまのいう通りダメなわたしもわたし!ですよね?」だ!!」「だめだ。わたしやっぱり悪意がある。自分の中に悪意がある!!」と、自分が実践しようとするとどうしても“悪意”が入ってしまうという悩みも明かし、最終的には、「わたしはきっと、一生そうなれない。 書こうと思えば物理的にはかけるけど、 すごく似合わない気がするし、心底そんな風に思える気がしない。 悪意を持つくらいなら 諦めよう。」とコメント。

「「早起き」「オススメのお店」 「季節のフルーツ」 「ヨガマット」「今日も友達とチーズタッカルビ笑」「先週韓国で買ってきたコスメたち」 さようならわたしの憧れのワードたち そして「キラキラしたブログ」さようなら」と、「キラキラしたブログ」に決別宣言をした。

紺野は、下ネタを含んだ芸風で活動しており「今一番下品な女芸人」を自称。ものまねや、下ネタを含まないコントなども披露しており、2017年のR-1ぐらんぷりでは、敗者復活戦を勝ち抜き決勝に進出。同年の女芸人No.1決定戦 THE Wでも決勝に進出している。

関連記事(外部サイト)