古村比呂、採血結果により休みになった抗がん剤治療「本末転倒とならないように」

古村比呂、採血結果により休みになった抗がん剤治療「本末転倒とならないように」

※古村比呂オフィシャルブログより

子宮頸がんの再々発で闘病中の女優・古村比呂が29日に更新した自身のアメブロで、抗がん剤治療を休んだことを報告した。

古村によれば、CT検査の結果では前回の抗がん剤治療は効いていたが、同時に採血結果から副作用の症状が強いことも判明したとのこと。そのため、この日の抗がん剤治療を休むことになったと明かした。

医師からは、「ポジティブなお休みですよ」と声を掛けられたといい、古村も「治療を続けて行くと副作用で身体がシンドくなりがち本末転倒とならないように今後の治療も今日のお休みも真摯に受け止めます」と前向きにコメント。

ファンからは、「今日のお休みは、ずっと頑張ってる身体を休める為のポジティブ週間として、ゆっくり過ごしください」「ポジティブなお休みは、嬉しいですね」「ポジティブ休暇、いいじゃないですか!」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)