役所広司、主演映画に自信「シートベルトをしなくていい、男らしい映画ができた」

役所広司、主演映画に自信「シートベルトをしなくていい、男らしい映画ができた」

役所広司、主演映画に自信「シートベルトをしなくていい、男らしい映画ができた」の画像

12月27日(水)、広島にて2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)の合同記者会見が実施され、主演の役所広司、共演の阿部純子、原作者・柚月裕子、白石和彌監督が登壇した。

主演の役所は「広島・呉のみなさまにお世話になり、やっと映画が完成しました。映画が完成して初めての会見を広島でできたこと本当に幸せに思っています。」と挨拶し、会場からは大きな拍手が送られた。

質疑応答では映画への熱い感想が飛び交う中、白石監督に「何を目指して映画を作っていたのか」という質問が向けられる。白石監督は「東映のプロデューサーの方から、「仁義なき戦い」のような東映が過去作っていた、「エネルギーのある、勢いや力強さ」を映画に取り戻したいというお話をいただきました。とても監督冥利につきる思いでしたし、そのプロデューサーの方々の熱量に自分が感染してできた作品でした。」とコメント。

そんな監督の気持ちを受け止め、どのように役に取り組んだのかを聞かれた役所は、「監督と初めてお会いした時に、「近年の日本映画は元気がないから元気な映画を作りたい」と言われ、脚本を読むとそのエネルギーを感じました。監督からテレビではできないような演出を指示されることもありましたが、シートベルトをしなくていい、映画ならではでしかできないことも多く、とても男らしい映画ができたと思います。」と映画の出来に胸を張った。

また、広島でのオールロケで実施した本作。広島でロケを行ったことに対し、白石監督は「実際に現場に来てまさに昭和63年の時代のような空気感を感じられたところが大きいです。また「仁義なき戦い」は呉を舞台にしながら、呉での撮影がほとんどできてないので、何か一つでも「仁義なき戦い」のエネルギーをこの映画にもたらすには、オールロケでの撮影がひとつの方法なのではないかと思いました。」とその思いを語る。

役所も、「役づくりというところでいうと、呉弁を撮影間近まで繰り返し練習し、言葉を体にしみこませて挑みましたが、大上に自分を近づけていくことができたので、呉弁は大きな味方でした。」と呉弁に助けられたことを告白。「呉のみなさんに恥じないように頑張ったのですが、みなさんどうでしょうか?(笑)」と笑いを誘う一幕もあった。

記者会見後は、映画完成後全国初イベントとなる「キックオフパーティー」も開催。俳優のさいねい龍二、広島県知事/湯崎英彦氏、広島市長/松井一實氏、呉市長/新原芳明氏も登壇し、映画『孤狼の血』にちなんで作られたオリジナルカクテル、「ブラッディウルフ」で乾杯を行った。

最後に役所は「映画はこれからいろいろな国や街で公開されますが、この広島から旅立っていくこの映画をかわいがってもらえればと思います。」と抱負を語り、イベントは大盛り上がりのうちに終了した。

映画『孤狼の血』は、2018年5月12日(土)より全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)