的場浩司、“虫刺されの薬”でハプニング「アホすぎて誰にも言えない…」

的場浩司、“虫刺されの薬”でハプニング「アホすぎて誰にも言えない…」

※的場浩司オフィシャルブログより

俳優の的場浩司が27日に更新した自身のアメブロで、ロケ中のハプニングについてつづった。

的場は、ロケ先の様子を「素敵なところでした…出会った人も…見た景色も…とても素晴らしく…食べ物も美味しかった…」とコメントし、楽しめたことを明かした。一方で、とても悩まされた"蚊"についてつづっており、「虫除けスプレーかけてるのに…蚊は全くお構い無し…嘲笑うかのようにブンブンと襲撃してきます…」「単独行動じゃなくて…編隊組んで飛来して一斉にチューチュー…」と、とても苦しんだ様子。

また、収録中の様子も、「インタビューしている方のホッペに蚊がとまってる…でも、一生懸命に説明してくれてる方の話の腰をおりたくない…困った…」「俺も色んなところが痒くなりはじめる…」「ロケ中なので掻くに掻けない…本当ならガジガジに引っ掻きたい…掻けない辛さ…」と、対処が出来ず、困らされていたことを明かした。

さらに、"虫刺されの薬"でもハプニングは続いたようで、「目に入らないように気を付けてくださいね。」と注意され「子供じゃないんだから。そんなアホな事しないよ。」と返した的場だったが、こめかみから流れてきた薬が目に入ってきたとつづった。的場は、「ハンパじゃなく目が染みる…涙が止まらない…でも、アホすぎて誰にも言えない…」と1人痛みに耐えていた様子をコメント。

最後に「皆様は気を付けてください…」と注意を促し、「いやいや… そもそもそんなアホな失敗しませんよね…」とブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)