原千晶 自身も子宮がん公表、麻央さんの「さらけ出す覚悟」想う

原千晶 自身も子宮がん公表、麻央さんの「さらけ出す覚悟」想う

※原千晶オフィシャルブログ・ヘッダー

タレントの原千晶(43)が、25日に更新したブログで、乳がんのため22日に亡くなった小林麻央さん(享年34)を偲んだ。

原は、子宮がんで2度の手術を受けている。2005年には子宮頸がの手術をしたもの、2009年にに子宮頸がんと子宮体癌の併発がわかり、2010年には子宮を全摘出。病気を公表したのは2010年になってからで、2011年10月、婦人科のがんを患った人が集う「よつばの会」を立ち上げている。

原は、麻央さんのブログについて、

「ブログを開設されてから
拝読させていただき、日々の様子を
陰ながら感じて、応援していました。

飾らない、そのままのその時の気持ちを率直に
伝えてくれる麻央さんの言葉一つ一つが

時に「うわ?、わかるわかる!」と共感したり

時に「おお?、なるほど!」と
目から鱗のような表現があったり、

ぐっと胸に迫るような言葉が並んでいたり

麻央さんの聡明さ、人間としての優しさや謙虚さ
強さ、たくましさが

沢山詰まっていて

気がつくと、病気云々を差し置いて
麻央さんの文章に引き込まれていた

私もそんな1人です。」

と振り返る。そして、自身も私も7年前に病気を公表した身として思う事は「さらけ出す覚悟」だといい、

「私の病のことを、体のことを
心の動きを

悲しみも悔しさも苦しさも
喜びも嬉しさも歯痒さも全部

聞いてもらい
見てもらい
知ってもらう

そして、何か
何でも構わないので何かを感じてもらいたい

知ってもらう事で何かの力になれるのなら・・・
誰かの大切な情報の一片になれるのなら

その思いはきっとどこまでも透明で
何色にも染まらない
そのまんまの思い

これは私の考え、思いなのですが
もしかしたらきっと、麻央さんにも
同じような気持ちがあったのかもしれないなと
勝手にブログを拝見していて感じていました。」

とコメント。そして、

「今、私が並べた思い以上の
強い覚悟をもって麻央さんは病と立ち向かい
そしてブログを通じて
「今」の自分を伝え続けてくれたのだと。

なので、私は麻央さんの伝えたかった事
発信し続けてくれた勇気、覚悟、強い思いを
きちんと受け止めたいですし
時間をかけて、自分の中できちんと消化し
何かをしっかり感じたいと思っています。

誰かのために。

誰かのために生きる事

それが、自分でも信じられないくらいの力を生み出す
ことを、がんを経験して知りました。」

とつづり、

「その気持ち、パワーは枯れる事なく
いつまでも燃え滾り、私を温かくしてくれているから
それに反して体が言う事を聞かなくなる現実は
どれだけ切なく、悔しかったか・・・

そして何よりも
ご家族を思う気持ち

母親としての気持ち
妻としての思い
娘として、妹として・・・

ごめんね

という気持ちが痛いほどわかる気がして

いっぱいいっぱい
色んな感情と向き合って
グルグルと答えの出ないことを一日中考えて

途方に暮れて

でも、やっぱり前に進むと
頑張る事に決める

それが生きることだから

麻央さんは全身全霊をかけて
その姿を、心の中の思いを
届けてくれていました。

その美しく強く光り輝く存在は
色あせることなく、決して忘れる事はないでしょう。

こんなに綺麗でまっすぐで
可憐で清純な小林麻央さんの魂が
ずっとずっと安らかに
これからも大切な家族の皆さんと共にありますように。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

と記した。

【関連記事】
・「小林麻央さん」(原千晶オフィシャルブログ)
小林麻耶、妹・麻央との2ショット披露「お気に入りの写真です」
・大島康徳 癌発覚前、検査勧める妻と大喧嘩「自覚症状なかった」
・鈴木奈々 北斗晶のブログ読み乳癌検診へ意識向ける
・宮迫博之 体重70キロ超え「胃3分の2とったのに…」