小芝風花 舞台『オーランドー』の男役・女役2つのビジュアル公開

小芝風花 舞台『オーランドー』の男役・女役2つのビジュアル公開

※小芝風花オフィシャルブログより

女優の小芝風花(20)が舞台『オーランドー』(2017年9月23日?10月9日上演予定・KAAT神奈川芸術劇場)のビジュアル写真を自身のブログで公開した。

「舞台『オーランドー』のビジュアルが解禁されました?
ポスター撮影の時、
お部屋にカラフルなカツラがたくさん置いてあって
すごくワクワクしました
女役、男役、、、
うぅ
想像するだけで
ドキドキする」

と、男役・女役両方を演じるという新たな挑戦に期待を膨らませている様子をつづった。読者からは、「すごく独特な世界観ですね」「ビジュアルから舞台の雰囲気を妄想しつつ、楽しみに待ってます!」など、ビジュアルからも伝わる奇抜な雰囲気に期待の声が寄せられている。

同作は、イギリスの女流作家ヴァージニア・ウルフの原作を、数々のオペラやミュージカル「星の王子さま」などを手掛けた白井晃氏(60)が舞台化したものである。多部未華子(28)演じる美貌の青年貴族オーランドー、性別や時空を超えて生きるという独創的なストーリーの作品であり、日本では初演となる。

小芝は、オーランドーの初恋相手で自由奔放なサーシャ姫を演じる。本作は、6人のキャストが男役・女役両方を担当するという構成となっている。多部、小芝の他にも、戸次重幸(43)、池田鉄洋(46)、野間口徹(43)、小日向文世(63)らが出演する。

会場であるKAAT神奈川芸術劇場の公式HPでは、小芝も含め、6人の出演者と白井氏のビデオメッセージを公開中。

関連記事(外部サイト)