“クループ”で飯田圭織の娘が39度の熱、子育ての大変さを実感

“クループ”で飯田圭織の娘が39度の熱、子育ての大変さを実感

※飯田圭織オフィシャルブログより

娘の体調不良を訴えていた元モーニング娘。のメンバーでタレントの飯田圭織が、2日のアメブロで娘の症状が落ち着いてきたことを報告している。

飯田は、28日に更新したブログで娘が深夜に大量のミルクを嘔吐し、呼吸がしにくいような状態に陥ったことを明かしていた。熱を測ってみると39.3度とかなり高く、夜間救急外来へ連れて行くことになったそうだ。

診察の結果は「クループ」という症状で、「ウイルスなどによる喉の炎症で呼吸してが苦しくなったり、変な咳が出てしまうというとの事」と説明した。

これを受けてコメント欄には「最近我が子もクループ?にかかり、小学生ですがお医者さんが小さい子なら喉が腫れ窒息する場合もあると言われ驚きました」「娘もクループよくしました。オットセイの鳴き声みたいな重たい咳で辛そうです。 小さい子だけの病気みたいですね」「息子がクループ持ちです。夜眠れないような咳するし、心配ですよね。でも回数を重ねるうちに、あっ、この咳の感じヤバイかもとかわかるようになります」など、子供が同じ病気を持っている母親たちから共感と心配のメッセージが多数寄せられた。

飯田はこれらの読者の声に励まされたようで、同様の体験をした母親からのコメントが参考になったと感謝。「息子を育てているし大概のことは経験しているつもりでしたが今回のクループは経験もなく、お友達から聞いた事もなかったのですごく焦りました」と心境を明かした。

最後に「子供はどんなに騒がしくても、どんなに手がかかっても元気で健康でいてくれる事がいちばんだと心から思います」と語り、「近頃は子供達の事で1日中いっぱいいっぱいだなぁ、、子供達寝かしつけて寝落ちしない時の方がめずらしいくらい笑笑」と子育ての大変さをつづり、文章を締めている。

関連記事(外部サイト)