丸岡いずみ、全治3か月の火傷と診断「引っ付いちゃって大パニックに!」

丸岡いずみが火傷をし「全治3カ月」と診断されたと報告 「お湯をこぼして火傷」

記事まとめ

  • 丸岡いずみが火傷をし「全治3カ月」と診断されたとアメブロで報告した
  • 「麦茶を飲もうとしただけなのに。。。お湯をこぼして火傷」と写真を公開
  • 「長袖、長ズボンだったから体に引っ付いちゃって大パニックに!」とつづった

丸岡いずみ、全治3か月の火傷と診断「引っ付いちゃって大パニックに!」

丸岡いずみ、全治3か月の火傷と診断「引っ付いちゃって大パニックに!」

※丸岡いずみオフィシャルブログより

フリーアナウンサーの丸岡いずみが28日に自身のアメブロを更新。火傷をし「全治3か月」と診断されたと明かした。

丸岡は「朝起きてあったかい麦茶を飲もうとしただけなのに。。。お湯をこぼして火傷」と手首の写真を公開。「長袖、長ズボンだったから体に引っ付いちゃって大パニックに!」なったとつづり、「ハサミで服を切る??違うよな??  とかなんとか考えているうちにお湯がかかったところがみるみるうちに赤く」なったといい「シャワーで両足冷やしたけど、その分、手が疎かに。。。」と状況を説明。

病院へ行ったところ医師から「やけどはもっと早く来ないと!と全治3か月ぐらいですね」と言われたと明かしショックを受けた様子。「私的には頑張って早く病院に駆け込んだ方なんだけどな」とつづり、「最近凹むことが多いから、お祓いにでも行こうかな? もう?」「でも、まっ、こんな時もあるか」と前向きにつづった。

この投稿に読者からは「心配になって初めてコメントしました」「お大事になさって下さいね」「なるべく跡が残らないといいですね」など心配のコメントや治療のアドバイスなどが多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)