武田双雲、浅野忠信・夏木マリ・小林武史との自撮り写真公開「刺激受けました」

武田双雲、浅野忠信・夏木マリ・小林武史との自撮り写真公開「刺激受けました」

※武田双雲オフィシャルブログより

書道家の武田双雲が28日、『第26回モンブラン国際文化賞』の授賞式で、俳優の浅野忠信、女優の夏木マリ、音楽プロデューサーの小林武史氏との自撮り写真を自身のブログで公開した。

「小林武史さんおめでとうございます。モンブラン国際文化賞授賞式なう」と題したブログで武田は「夏木マリさんと。先日の世界一受けたい授業以来」とさっそく夏木との2ショット写真を公開。「僕の年のころ、まわりの反対の中、単身ニューヨークで再スタート。その時の感動体験を話してくれて、それが今の大きな糧になってるそうな。マリさん曰く 日本人みんな、海外に住んでみたらいいのに と。確かにそう思います」とつづった。

昨年審査員を務めた武田は、「今年は、小林武史さん 昨年は坂本龍一さん」と受賞者を紹介し「とにかく、業界や常識の壁をどんどん越えて新しいチャレンジを次々とやっていて失敗しながらもまだまだ進むその姿に人はついてきてるんだなぁと」と語り壇上の集合写真も公開した。

続けて「自撮りショット」と題し、浅野、夏木、小林と撮った4ショットを公開。「癒し系すぎる浅野忠信さん」とコメントし、最後は「刺激受けました」と結んだ。

『モンブラン国際文化賞』はモンブラン文化財団が主催する、芸術文化の分野で、若い才能の育成や援助、貴重な妙技の保護等に貢献したアートパトロン(芸術支援者)を称える賞。過去には、今回ゲストとして登壇した夏木マリ、デザイナーのコシノジュンコ氏、指揮者の小澤征爾氏、バレエダンサーの熊川哲也氏などが受賞している。

関連記事(外部サイト)