『Popteen』モデルなちょす“トリプル1周年”を報告「何度も辞めたくなった」葛藤明かす

『Popteen』モデルなちょす“トリプル1周年”を報告「何度も辞めたくなった」葛藤明かす

※なちょす(徳本夏恵)オフィシャルブログより

雑誌『Popteen』専属モデルの“なちょす”こと徳本夏恵がブログで、“トリプル1周年”を報告した。

2016年の9月1日にPopteen専属モデルデビュー、初表紙デビューとアメブロデビューで“トリプル1周年”を迎えたなちょすは、1年前の女子高生の頃と現在の写真を並べて比較。「制服きてる そっか、このときは現役JKだもんな 今制服着たら泰斗にコスプレって言われるからな」と懐かしんだ。

初表紙を飾った時は「「新人のくせになんで」とか「いくらなんでもはやすぎない?」「大して努力もしてないのに」とか。でもそこに納得してる自分もいたりして。本当に何度も悩んでた。悩みすぎて、何度も辞めたくなった。」と振り返った。しかし「辞めなかったのは、自分だけのためにやってたわけじゃないって思って、事務所の人だったり、編集部がすごく期待してくれてたから、その方々を裏切っちゃだめだなって思ったんだよね。」と葛藤があったことを明かした。

2度目の表紙を飾った2016年12月号の企画『WHO IS NEXT』で表紙争奪バトルが始まったというなちょすは、「知名度調査の結果に本気で凹んだり、太って全然Popの撮影に呼ばれなくなっちゃったり。悩んで悩んですごくつらかった。けどね、そんな思いからすごく気持ちが変わったことがあって。それが泰斗との出会い。泰斗と出会ったことで1人で苦しみを抱えなくてもいいんだ、って思えるようになった。」と彼氏の那須泰斗を紹介。頬にキスをする2ショットなどラブラブな様子を公開した。

最後に「次世代のPopではなく「今」のPopを支えていきたいし、いかなきゃならないと思ってます。だから、みちょぱさん・ゆらゆらさんがいるうちに、2人を超えたいって思うし、もっともっと自分を磨いてもっとかわいくなりたい これで1年だけど、まだまだこれから ここから再スタートということで今まで以上にパワーアップしていくから、これからも見守ってくれたらうれしいです。次は\目指せ!ピン表紙/\バレンタインでなちょころ表紙/みんなこれからも応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)