サンド伊達みきお 心から尊敬するDeNA三浦大輔からメール

サンド伊達みきお 心から尊敬するDeNA三浦大輔からメール

※伊達みきおオフィシャルブログより

プロ野球界現役最年長選手である横浜DeNAの三浦大輔投手(42)が現役引退を発表した。現役生活25年で、23年連続勝利は山本昌 (51)、工藤公康(53)と並ぶプロ野球記録。24年連続安打はギネス記録だ。

そんな三浦との思い出をお笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお(42)がブログでつづっている。公開した写真は、昨年一緒に食事した時のもので、三浦はトレードマークのリーゼントではなく、サラサラヘアーだ。

「我々と同年代のプロ野球選手が次々と引退される中、三浦投手は我々よりも年上のプロ野球選手として心から尊敬していました」

伊達の同世代といえば、松井秀喜(42)が学年が同じで、三浦は一学年上にあたる。そしてイチロー(42)も三浦と同学年だ。

「普段はリーゼントでばっちり決めている印象でしたが、この時は試合後だったのでサラサラヘアーでした☆
抜群の制球力と球のキレで、横浜のエースとして長年大活躍してきた三浦投手。しかも、どんなに他球団からオファーが来ても移籍する事もなく横浜一筋というところも男気というか…情が強いというか本当に素晴らしいプロ野球選手だったと思います」

三浦は、大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズという3球団に所属した唯一の選手となった。9月24日の巨人戦で先発予定で、この日横浜の選手は全員が三浦の背番号「18」のユニフォームを身に着ける。

もしもこの日勝利すれば、新記録となる「24年連続勝利」を達成することとなる。伊達は現役引退が発表された後に三浦にメールをしたが、その時の文面も紹介。そこには、「最後の最後まで、一球一球気合い入れて投げます!また食事に行きましょう」とあったようだ。

関連記事(外部サイト)